目的

2021/8/14サーバにてGitHubからpullを行ったところ、エラーとなった。

gitコマンドでのエラー
# git pull
remote: Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: unable to access 'xxx': The requested URL returned error: 403

ああ、そういえばと、以前から何度もGitHubから以下の警告があったが、ついにパスワード認証が使えなくなったんだなと。
※8/13に使えなくなったよう。

GitHubからの警告
You recently used a password to access the repository at xxx with git using git/2.20.1.

Basic authentication using a password to Git is deprecated and will soon no longer work.

ということで、この記事はその対処方法

参照サイト

Token authentication requirements for Git operations
Creating a personal access token
2つ目のGitHubページは日本語表示も可能です。

対応メモ

GitHubにアクセスして、アイコンメニューのSettingsより、Developer settingsをクリックする。

Personal access tokensをクリックする。

Generate new tokenをクリック後、New personal access tokenページより設定する。

  • Noteをトークンの役目とかを適切に
  • Expiirationを設定する。期限なしも設定できる。
  • Select scopesは適切に。自分はrepoを選択した。

No expirationとすると警告が表示されるが。

設定後、画面したのGenerate tokenボタンをクリック。

これで完了。
画面にパーソナルアクセストークンが表示されるので、コピーする。

使い方としては、今までユーザパスワードを設定していた部分に上記のパーソナルアクセストークンを設定する。

パーソナルアクセストークン設定
//以下のtoken部分にpersonal access tokenを
https://username:token@github.com....

以上です。