2021年のWWDC

2021年のWWDCは 日本時間6月8日午前2時 より開催されます。

期待していること

  • 新型iPhone
  • 新型AirPods Pro

上記には期待していますが。近年はiPhoneでは目新しい進化は感じられないですよねぇ。
touchIDがディスプレイに搭載とかだと。かなり欲しくなりますね。

あとAirPods Proの新型にも期待しています。
1台所有しているのですが、もう一つほしいですね。
やはり、バッテリーの持ちが悪いです。交換で使っていきたいです。

バッテリーの持ちが良いものを買ったもよいのですが、、AirPods Proの性能は気に入っています。
ノイズキャンセリングは本当に手放せなくなってしまった。

講演後の感想

今年は各OSの新機能の説明だけで、新型iPhoneやMacなどの新製品の発表はなかった。
なんかMacBook Proの発表が直前で延期になったという噂もあるけど。

それで新機能についてもそこまでワクワクするものは無かった。
iPadだけでアプリを開発してAppStoreで公開できるようになった
というのが話題になったけど、開発自体はいままでも出来ている。

その他の内容は以下のブログの方がうまくまとめてくださったので、リンク載せておきます。
SPINNERS WWDC21 Keynote iOS 15についての発表の復習

一応気になったもので言うと

  • 通知のデザインが変わる =>push通知周りの開発は結構行っているが、開発者的には今回のは気にしなくて良いのか!?
  • テキストの認識 =>API的にはあったけど、、本格的にリリースということかな。ただ日本語には非対応。注目したい機能
  • マップ =>マップが新しくなるということだが、日本はまだ未対応。

あと、講演では気が付かなかったのだけれども
Xcode Cloudというクラウド上でXcodeを自動的にビルド&テスト、AppStoreへの申請、GitHub連携などが行えるツールが発表された。
AppleによるCI/CDサービス。
Xcode Cloud


CircleCIと似たようなものでしょうか。

それで、現在はベータ版ということで申し込み受付中とのこと。

気になったので、申し込んでみました。

これぐらいでしょうか。

以前のWWDCに関する記事

[iOS]WWDC2019の感想