目的

ArduinoでDH11温湿度モジュールを使い、温度・湿度を取得する時のメモ

環境

また、事前にライブラリのダウンロード・インストールもしておく
今回は最新版を選んだ。
ライブラリ:
DHT Sensor Library
Adafruit Unified Sensor Lib

■手順1
ArduinoIDEメニューの
スケッチ-ライブラリをインクルード-.zip形式のライブラリをインストール...
ダウンロードしたライブラリのzipを選択する

■手順2
ArduinoIDEメニューの
ツール-ライブラリを管理...
で検索欄にライブラリ名を入力してバージョンを指定してインストールボタンで操作

ライブラリについては手順2での管理の方が良いと思った。
今回は問題なかったが、ライブラリのバージョンによってはエラーになるので。

プログラム

IDEに以下を入力。
↓#includeなどの部分がブログだとコメント化状態で表示されてしまうので、注意です。

DH11で温度・湿度を取得
// Example testing sketch for various DHT humidity/temperature sensors
// Written by ladyada, public domain

#include "DHT.h"
#define DHTPIN 2     // Digital pin connected to the DHT sensor
#define DHTTYPE DHT11   // DHT 11

DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  Serial.println(F("DHTxx test!"));

  dht.begin();
}

void loop() {
  delay(2000);

  float h = dht.readHumidity();
  float t = dht.readTemperature();
  float f = dht.readTemperature(true);

  if (isnan(h) || isnan(t) || isnan(f)) {
    Serial.println(F("Failed to read from DHT sensor!"));
    return;
  }

  float hif = dht.computeHeatIndex(f, h);
  float hic = dht.computeHeatIndex(t, h, false);

  Serial.print(F("Humidity: "));
  Serial.print(h);
  Serial.print(F("%  Temperature: "));
  Serial.print(t);
  Serial.print(F("°C "));
  Serial.print(f);
  Serial.print(F("°F  Heat index: "));
  Serial.print(hic);
  Serial.print(F("°C "));
  Serial.print(hif);
  Serial.println(F("°F"));
}

実際の動作

今回は無し
温度、湿度を取得できた。
上記プログラムのHeat indexの部分は体感での数値とのこと。