目的

Android Studio 3.6.2のタイミングからでしょうか。 Android Manifestに記載しているandroid:screenOrientation="portrait"や、Activityに記載しているsetRequestedOrientation(ActivityInfo.SCREEN_ORIENTATION_PORTRAIT);がエラーとなったりするようです。 その対応方法メモです。

ただ、エラーとはなるものの、アプリは実行できるよく分からん状態です。

対応方法

エディターの保管で対応すると、縦横どちらでもOKの対応が設定されます。
Googleとしてもユーザビリティを考慮してのアプリをオススメしている感があります。
ただ、自分のアプリの場合はそれを無視してエラーを消す対応をしました。

Android Manifestの場合、 activityの上位にあるapplicationタブに tools:ignore="LockedOrientationActivity” を追記すれば、エラーは消えます。

Activityの場合、記載している関数に @SuppressLint(“SourceLockedOrientationActivity”) を追記すれば、エラーは消えました。