目的

HTTPリクエストでよく使われるライブラリのAlamofireですが、Alamofire 5になって使い方が少し変わったようです。
この記事では変更点をメモしますが、まだ検証段階なので、参考程度にご参照ください。

大幅に仕様変更が入っています。
変更の工数が確保できるまで、バージョンを4.9で止めるのも手かもしれません。

参照サイト

https://www.raywenderlich.com/6587213-alamofire-5-tutorial-for-ios-getting-started     

変更メモ

Alamofire5 request
Alamofire.request
↓↓↓
AF.request
Alamofire5 response
response.result.value
↓↓↓
response.value
Alamofire5 upload
Alamofire.upload(multipartFormData:{ multipartFormData in
...
})
↓↓↓
AF.upload(
    multipartFormData:{ multipartFormData in
        for element in parameters {
            appendMultipartFormData(multipartFormData: multipartFormData, element: element)
        }
    },
    to: "urlString",
    method:.post,
    headers:["Authorization": "auth_token"])
.response { encodingResult in
    print(encodingResult)
}

あとマルチアップロードAF.upload(multipartFormData:{ multipartFormData in
toにAPI先を書くのだけれどもそこで+を使っているとエラーになる。
  

ちなみに

Qiitaさんでまとめてくれてるみたい
[Swift] [iOS]Alamofire5の対応