目的

Android端末でリモートデバッグを行う方法のメモです。
リモートデバッグ(ワイヤレスデバッグ)とは、PCとAndroid端末をUSB接続せず、wifiネットワーク経由でデバッグ(Run実行)する方法です。
USBケーブルのうざったさが無くなるというのが最大のメリットです。
ワイヤレス充電で立てかけている状態で、デバッグができます。

ただ、、
先に書くと、私の環境では、通信というか認識が安定しません。
設定の次の日になると、また設定が必要という時もあります。

この後書きますが、
設定時はUSB接続が必要なので、結局USBケーブルは手放せなかったり、USBケーブルでデバッグしたままになっているというのが現状です。

環境

  • Android Studio 3.6
  • mac OS Catalina

参照サイト

Qiita ADBでAndroidのIPアドレスを取得したい

リモートデバッグの方法

USBケーブルで接続

まずは、PCとAndroid端末をUSBケーブルで接続します。
PCのAndroid Studio上から端末が認識できていることを確認します。

ADBコマンドの確認

ADBコマンドが利用可能であることを確認しました。

ネットワーク設定の確認

一応PCとAndroidが同一ネットワークであることを確認します。
同一出ない場合、設定できるのか不明なので、一応と書きました。

Android端末のIPアドレスを調べる

Android端末のIPアドレスを取得します。
設定アプリ→デバイス情報→IPアドレス欄 から取得可能です。

ターミナルから以下のコマンドでも取得可能です。

IPアドレス確認
$ adb shell ip addr | grep global | cut -d ' ' -f 6

->192.168.1.10/24

ポート設定

端末に接続するためのポート設定を以下コマンドで行います。
以下は2度目とかなのでrestartingとなっているのかも。

ポート設定
$ adb tcpip 5555

->restarting in TCP mode port: 5555

Android端末と接続する

以下コマンドで、Android端末と接続します。
ちなみにエミュレータを使ってると必ずエラーになるので閉じて下さい。

ポート設定
$ adb connect 192.168.1.10:5555

//OKの場合
->connected to 192.168.1.10:5555

//NGの場合
->error: no devices/emulators found
や
->failed to connect to '192.168.1.10:5555': Connection refused
などが表示

以上でUSBケーブルを外しても、Android StudioからAndroid端末が認識されているはずです。