目的

MacPCのターミナル上でadbコマンドを実行するためのメモです。

環境

  • Mac catalina
  • Android Studio 3.5.3

参照サイト

Android developers Android Debug Bridge(adb)

adbコマンドとは

参照サイトより
Android Debug Bridge(adb)は、デバイスと通信するための多用途コマンドライン ツールです。
とのことで、PCからスマホを弄り倒すコマンドツールだと思いました。

adbコマンドの確認

以降はMacのターミナルでのコマンド操作です。
Android StudioのTerminalでも出来そうですが。。

まずターミナルよりadbコマンドを利用できるかの確認です。
ここでバージョンやオプションが表示されれば、すでにadbコマンドは利用できるということでお疲れ様でした。画面上部のタイトルよりホームに戻っていただき、他の記事をお楽しみください!

adbコマンド
$ adb
->
Android Debug Bridge version 1.0.41
Version 29.0.6-6198805
...

adbコマンド実行時に-bash: adb: command not foundとなった場合は、ライブラリにPathが通ってないので設定します。
ライブラリの場所の確認は
Android Studio -> メニューのPreference -> Appearance & Behavior -> System Settings -> Android SDK

Android SDK Locationから確認出来ると思います。

PATHを通すコマンドは以下となります。(XXXはユーザ名など)

PATHを通す
export PATH=$PATH:/Users/XXX/Library/Android/sdk/platform-tools

可能であればprofileにも記載します。

profile設定
$ vi ~/.bash_profile 
$ source ~/.bash_profile 

これでadbコマンドを実行し、バージョンやコマンドオプションなどが表示されれば、OKです。

以上となります。