目的

Appleは2020年12月8日より、App Store公開のアプリにて
プライバシー設定を行うようアプリ開発者に義務付けるようにしました。

プライバシー設定とは
 
アプリ内の自分のプログラムや入れているライブラリにより、
アプリの利用者のデータを収集しているかどうかの設定のようです。  

`あなたのアプリに入れてるので、あなたが責任持ってください`

というAppleからの当たり前の表記も有りました。

利用データとかGoogleのFirebaseに任せてるし、シラネッ
というわけには行かないようです。

この記事では12月10日にiOSアプリをアップデートしたいがために、審査に出したのですが
早速上記設定を求められましたので、設定内容含めて軽くメモします。
設定しないと、Appleにアプリを審査出来ない状態でした。

開発者が設定したプライバシー項目は、アプリストアのアプリダウンロードページより、利用者に表示されるようです。

以下の項目、全て正しいわけではなく、個人的主観も多く入っています。
参照した場合の損害について、各自の自己責任として、参照程度に御覧ください

環境

Xcode 12





参照サイト

Apple、App Storeでのアプリのプライバシー詳細情報表示に関するページを公開

対応メモ

以下は2020年12月10日時点の情報です。

まず審査提出しようとしたら、以下の警告がページ上に表示されていました。

なので、書かれたとおり設定。
ページの左ペインから移動しました。

以下のページに遷移しました。「はじめに」ボタンをタップしました。(はじめるの間違い!?)

すると以下のようなポップアップ。
Firebaseを使っている場合は、はいになるんですかね。。

それで、実際にどのような項目をデータ収集しているか選ぶ、データ収集画面が表示されます。項目が多い/長い。

データ収集画面にて、大事なのは以下のような項目ですかね。
多くのアプリで当てはまると思うのですが。

項目選択後、保存ボタンを押すと
ページに以下のように設定欄が表示されました。

青文字がクリックでき、それぞれ設定する必要があります。
面倒と思ったのですが、どの項目も同じ選択肢だった気がして、項目ごとに適切に選択肢を選びました。

各項目の文字をクリックすると、以下のような選択肢が表示されます。
※以下はユーザID項目の例

選択した項目が個人情報に関連付けされるかの選択画面

トラッキングの説明など(もう1ページ説明ページありましたが、省略)が表示されます。
内容については分かるようで、意味がわからず、僕ってアホだなと思いました。

選択した項目が、トラッキング目的で使用するかどうかの選択画面。
画像は例です。
使用状況などのデータを収集している場合は、トラッキングとなると思うのですが。適当ではなく、その項目に応じた選択をしっかりしたほうが良いと思いました。

全部設定すると、画面上の部分で公開ボタンが押せるようになりました。

最後に確認画面が表示されて完了です。

この後、無事アプリを申請できるようになりました。





所感

作業自体は20~30分ほどでした、個人責任の範疇のアプリだったので、多少気楽に設定しましたが..
それでもイチャモンつけられるのが怖く、ちょっとトラッキングについて調べた時間も含まれます。

理解力十分な方はサクサクできると思います。

あと、審査が長くなったりするのかなぁと思ったのですが、数時間後審査が始まり、スムーズに進められ公開となりました。
ちょっとホッとしました。

今のところは
ダウンロードページに表示されるだけだし、各々設定してねというところなんでしょうか!?

ただ…ちゃんと設定しないと後々が怖いですね。