Xcode11に轟速で対応する。

Xcode11対応する際の対応方法や気になった点など 轟速というのは、爆速の上級の言語です。(モンスト風) ただし、Xcode11対応記事としては最遅でみんた対応してると思う。

対応方法

Primary key property ‘id’ does not exist エラー

どうやらRealmのエラーのよう。 私の場合はRealmを一回削除して、pod installで最新版を入れたら治りました。 入れたあとはクリーンするべきです。エラーが残り続ける挙動がありました。

not foundエラー

なんかXcodeのコンソールにnot found ~~~と表示されてアプリが止まる。 どうやらGoogleMapのエラーとのこと。 こちらも一回削除して、pod installで最新版を入れました。 入れたあとはクリーンした方がよいです。

シミュレータのキーボードがうまく入力できない

シミュレータでアプリを起動して、キーボードで文字を入力しようとすると固まってしまいます。 OSを再起動したら直ったきがしますが、、 不安なので、実機でも検証するようにしました。 僕がなにか悪かったのでしょうか、textfieldとかの設定方法がおかしいのでしょうか。

ダークモード対応

灰色背景とかは黒になります。 白色背景はそのまま白色です。 黒字のテキストは白になります。 そうなったら、白色テキストは何も見えません! コメント一覧などでユーザ交互に背景色を灰色と白にしているアプリあると思うのですが、 ダークモードどうやって対応してるんですかねぇ。 ダークモードの色味が不明なので、 一時対応として、全てのテキストを灰色に表示するようにしました。

ポップオーバー対応

Xcode11だと、ポップアップ見たいな見た目になってしまうので、今まで通りの表示に設定しました。 なぜデフォルトでこの設定じゃないんでしょうか!?

PresentationFull Screen にしました。
コードで対応する場合は、

let detailVC = DetailViewController()
detailVC.modalPresentationStyle = .fullScreen