目的

2019年8月8日ごろ
google Admobから

AdMob は app-ads.txt のサポートを開始します
app-ads.txt 導入の準備はお済みですか?

のメールが来ました。
ads.txtなんて初めて聞きましたし、なんだか面倒くさそうです。
その対応方法のメモです。


まだ対応中です。

本件についてまだ確認ができておらず、対応中です。

デベロッパー ウェブサイトのルートにファイル設置が必要なのですが、テキストファイルの公開方法で詰まってます。

本件とは関係ないところで詰まっています。


app-ads.txtって!?

ads.txtを発展させたものとのことです。
それでads.txtとは、IABという米国の企業?団体?が広告詐欺を撲滅するための仕組みとして導入しているもののようです。


設定しないとどうなる?

app-ads.txt の概要
より、

app-ads.txt の使用は必須ではありませんが、強く推奨されています。特に自社アプリがなりすましの被害を受けていることが懸念される場合は、使用をおすすめします。

との記載があります。
偽装広告が配信され、広告費が支払われない場合もあるようです。。

う〜ん


設定方法

上のリンクにありますが、

1.IAB が提供する Authorized Sellers for Apps 仕様書に沿って app-ads.txt ファイルを作成します。
2.ご自身のパーソナライズされた AdMob のコード スニペットをコピーして、app-ads.txt ファイル内に貼り付けます。
3.作成したファイルを、Google Play ストアまたは App Store に記載されているデベロッパー ウェブサイトのルートに置いて公開します(例: sampledomain.com/app-ads.txt)。

とあります。 1番がポイントで。
Authorized Sellers for Apps 仕様書というのが以下になると思うのですが↓ IAB Tech Lab Authorized Sellers for Apps (app-ads.txt)

英語ですし、それは置いといてもかなり分かりにくい。。。

一応作ってみたのですが、、、
設定がうまくいったら、後日掲載したいと思います。

Admob管理画面のパブリッシャーIDを1行貼り付けただけです。
ただiOSの場合、もう少し情報が必要かも。

正しく設定されているかどうかは

1.https://apps.admob.com から AdMob アカウントにログインします。
2.サイドバーで [アプリ] をクリックします。
3.[すべてのアプリ] をクリックします。
4.[app-ads.txt] タブをクリックします。

にて確認できます。