目的

諸説がいろいろありますが、
新・家電三種の神器と言われる、ドラム缶洗濯機 の購入レビューとなります。

製品そのもののレビューというより、ドラム缶洗濯機そのもののレビューとなり、
こんな人にオススメかとか、こうした方が良いとかを書きたいと思います。


感想

ドラム缶洗濯機 は、老若男女オススメです。
特に家族の方々に特にオススメで、当たり前ですが、洗濯の機会が多い人ほど早く変えてほしいです。

まぁ、ドラム缶洗濯機というより、乾燥機付き洗濯機がオススメとなりますね。


ドラム缶型でなくても良いと思います。
乾燥機付きが便利というのを言いたいだけです。

家族だったら毎日、お一人の方は週に2回ほどでしょうか。
洗濯機から取り出して、干すという作業の10分〜20分を省略できるのはかなり大きいです。

さらに最近は外干しも迂闊にできないですよね。
花粉やら隣国からのゴミやら、異常気象の大雨やらで。


値段

ドラム缶洗濯機の値段は9〜11万というところでしょうか。
私のも10万オーバーだったと思います。
高いです!!!

私の時給はX,XXX円で
毎日洗濯するから10分として、月で300分で5時間で、年60時間だから
数年で元取れるな。

という如何にもな考えをしました。もう5年ほど使っているので元は取れてます。


デメリット

かなりの時短がメリットですが、もちろんデメリットも結構あります。
ちなみに上で書いた値段はデメリットに入れてません。高いですが、その分確実な時短となっているので。

  • 乾燥できない服がある。
  • 月に数回、部品の掃除が必要。
  • 洗濯機本体を底上げした方が良い。
  • 部屋が熱くなる。
    などがあります。

    乾燥できない服は女性物が多いようですね。あとビニール製とか。乾燥できる服で統一したいです。
    また、部品の掃除についてですが、必須となり、結構臭うんですよね。これが一番のデメリットですかね。
    あと、本体の底上げは、普段は気にならないのですが、問題は引っ越す時ですね。
    洗濯機の下に埃や汚水がたまり、強烈な匂いがします。掃除がキツイ。なので、普段からスペースを空けて通気性良く、時々掃除したほうが良いです。



まとめ

ドラム缶洗濯機 について、軽くレビューしました。
値段が高いものの、かなりの時短が見込める製品です。
家族で毎日洗濯する方には必須なものと思います。

また、デメリットも多少あり、
特に意識したほうが良いことは、普段部品の掃除が必要なのと、本体の通気性は良くしたほうが良いです。