目的

surface go購入直後にやったほうがいいことのメモ

詳細

  1. OS設定 →起動したら自動的に実施される。 →マイクロソフトアカウントを登録した。
  • Windows バージョンアップ →古いバージョンだと、一部の機能が使えない(クリップボードとか)。 →更新時間がものすごくめちゃくちゃ長いので、最初はスキップしてあとでの更新でもいいかも。 →ただ、マイクロソフト的には最新バージョンじゃないと、セキュリティリスクがあるとのこと
  • Windows Update →更新時間がめちゃくちゃ長い
  • ウィルス対策ソフト設定 →必要な人だけ
  • Office設定 →必要な人だけ
  • 回復ディスクの作成 →HDDが壊れる場合があるので、USBで作成する。 →surface goはUSB Type-C接続 →作成が時間がめちゃくちゃ長い
  • Sモード解除とアプリインストール →Windows Sモードというのが設定されて、 Google Chrome とかのマイクロソフト以外のアプリが入れられない。Google Chromeをインストールする際に、 インストールする場合こちら リンクがあるので、そこからすぐに解除できる。
  1. Google Chrome
  • Visual Studio Code
  • SourceTree →挙動が遅い。surfaceだからじゃなくて、Windows版はそもそも遅いらしい。
  • Slack
  • Windows Terminal(Preview)
  • Git
  • キーボード設定 →USキーボードを利用。かな変換が楽な alt-ime-ahk というツールを入れた。
  • ホームメニューでいらないの削除
  • 検索バーをアイコンだけに →最初Cortana設定してたけど、Windowsをバージョンアップしたら、検索アイコン(虫眼鏡)も別で出てきた。 cortanaは非表示にした。
  • クリップボード設定をONに[その他技術]Windows10でクリップボードの設定がない時の対応
  • タッチパッドのタップ設定  →設定のデバイスより、タッチパッドを選択→シングルクリックするには1本の指でタップしますをOFFに
  • アプリを開くときに常に最大化する設定 →1つのアプリ毎に設定が必要。めちゃくちゃめんどくさい。  ホームよりアプリを右クリック  ファイルの場所を開く→ホームタブを選択→プロパティ  ショートカットタブ→実行氏の大きさより、最大化を選択