この記事について

『できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260』という
Googleアナリティクスの基本を学ぶ書籍・定番書として有名なものが
Webで無料公開となってことで少し話題になりました。

『できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ』全文公開の記事一覧(目次)- あの定番書がすべて読める!


2,480円+税のものが無料ということで、自分も少し勉強してみかと
webページで読書中となっています。

この記事はその進捗のメモや思ったことを記載していきます。


進捗

ものすごくざっくりで読み終わりました。


読み終わった感想

1章、2章がかなり分かりにくいです。

ただ、3章で具体的な設定値・設定方法などが出てきて、ようやくイメージつかめてきました。
4章・5章・6章・7章の前半が自分としては、役立ちそうな部分が多いと思った。
役立ちそうと想定で書いているのは
現状自分の知識では難しい部分が多いです。

  • コレはどういう時に見る数値なのか
  • 知っていることで何の役に立つのか
  • 数値チェックの手順をいちいち覚えられない

などの点が難しいと思いました。

1ページで一つの項目を完結させている・させたいようで。

断片的な説明が多い感じがしましたが、それは自分がwebやアナリティクスの知識が皆無だからでしょうか。

役に立ちそうなページをここにメモしておこうと思いこの記事を立ち上げたのですが、
そのレベルまで至っていません。


なんで無料!?

なんで2,480円相当のものを無料で公開したんですかね?

  • 2017年ごろの情報なんで、情報的に古くなった? ただ都度、改定しているようでもある。
  • webページには広告貼っているので、もっと稼ぐため?

    Googleアナリティクス解説書として売上No.1とのことだが、
    書籍を購入した人からすれば、「無駄だったじゃん」とか思いそうだけど。。

    あと、分かりにくい部分も結構あり、
    自分としてはお金を出してまでこの書籍シリーズは買わないなぁと負のイメージしかつかない。


まとめ

もう少しアクセス数が伸びたら、また見てみようと思いました。