この記事について

どこよりも遅いであろう、2019年のWWDCの感想をメモします。

遅すぎるので、もう書かなくて良いかとも思ったけど
来年この記事を見て、お前のこの時点での考えは戯言だと失笑したい。


驚いたこと

2019年のWWDCで驚いたことは、
やはりSwiftUIiPad OSの2つ。これらについて記載していきます。


SwiftUIについて

この発表はうれしい!

  • 使いづらかったUIKitから逃れられるぞ!
  • UIをコードでプレビューしながら書けるぞ!

といううれしい気持ち。 ただ、また勉強しないといけないのか。という思いもある。

それで、
開発が楽になるので嬉しいのですが、今までできてたこと全てをSwiftUIが全てカバーしてくれるのかというのは不明です。
現時点では、カバーしていないようです。

まとめとしては、以下の記事が素敵です。
Qiita SwiftUIの考察


SwiftUIの今後の予想

SwiftUIがどうなるかも考えてみたく、

予想としては、SwiftUIが使えるようになっても、一部でUIKitを使い続けなければならなくなると思います。
中途半場な利用状況になるのではないかと。

廃止されると言われているObjective-Cが今でも残っていて、それと同じ状況ですね。

また、
SwiftUI発表と同時にReactNativeオワッタFlutterオワッタと、
twitterタイムラインで話題になりましたが(少数が騒いでるだけだが)
それは無いでしょ と。

SwiftUIによって、FlutterでiOSが使えなくなるわけじゃないし、iOSのシェア率が激増するわけでもないし。

ピンチなのは、むしろSwiftエンジニアなのでは!?

SwiftUIで簡単に実装できるようになる

Swiftエンジニア3人体制だったのが、2人体制で作業が回るようになる。

Swiftエンジニアがあふれる。
案件が埋まり、Swiftで食っていけなくなる。


iPad OS

SwiftUIとは違い、こちらはかなり残念

MacOSとiOSが統合するのではというウワサが出て、少し期待していたのだけれど
この発表により、無くなったと思う。

iPadでXcodeが使いたいんですよ。
iPadでVS Codeが使いたいんですよ。

でも、考えてみれば、統合するわけないですよね。

iPadでMacOSアプリが使えるとなったら、MacBookAirの利点とかがまるで無くなってしまう。
既存のプロダクトの破壊を今のAppleはしなさそうだし

ということで、
iPad OSの登場で巷では最強のモバイルPCだとか煽っているけど、
自分からしたら、何言ってるの!?という感じで

今の所 使えるアプリケーションが変わったわけじゃないし、
結局

iPhone + pencil + USBメモリ + マウス + デカさ + キーボード
 ↓
iPad

という思いが強いです。
なので、MacBookを引き続き使うかなと。


iPad OSの今後の予想

iPad OSが盛り上がるためには、iPadの販売状況が良くなるということ。

いや逆か。

iPad OSにより、素敵なアプリが産まれ、それを使いたいためにiPadを購入するユーザが多くなる!!


ただ、そうなるには条件が多すぎる

  • iOS時代と比べて、どれだけ柔軟にiPadに対応できるようになるのか。
  • MacOSやiOSではできない、iPad OSオリジナルテイストのアプリを産みだせるか。
  • iPad OS単独で開発を進められる体力ある企業があるか。
  • そのアプリにiPadの値段を超える価値があるか

↑ちょっと厳しく考えすぎだけど。

結局、絵描き、読書、動画などでの利用しか価値がない端末となりそう。

AppleユーザでiOSエンジニアの自分としては、ぜひこの予想は裏切って欲しいです。


総括

SwiftUIは聞いた当初はうれしかったけど、
勉強しなきゃな〜という思いや
iPad OSにより、iPadでPCアプリを実行したいという夢が絶たれたな〜という思いが。

少し残念なWWDCでした。