今回の目的

ラズパイとLINEを連携したいと思います。
ラズパイで専用ファイルを実行すると、自分のLINEアカウントにメッセージが来るという仕組みです。


導入手順1 - ブラウザ上で開発者向け登録

まず、開発者向け登録をおこないます。以下より実施していきます。
※前提としてLINEアカウントを所持していることが条件です。
※私はプライベート用のものを使いました。


まず、MacやWindowsPCなどのGUI環境のブラウザから
LINE Notify
にアクセスします。

用意したLINEアカウントでログインして後、画面下部のサービスを登録するをクリックします。



以下の画面より、適切に情報設定を行いました。



その後、設定したメアドに確認メールが届くので、登録完了です。

登録後、マイページへ遷移して、アクセストークンの発行(開発者向け)よりトークンを発行するをクリック。



トークン名を適切に入力後、1:1でLINE Notifyから通知を受け取るを選択。



発行されたトークンが表示されるので、必ずメモしておく。


ブラウザからの操作は以上です。


導入手順2 - LINEアプリ上での設定

次にLINEアプリでの操作です。

スマホやらPC上でのLINEアプリで、自分のアカウントLINE Notifyというアカウントを友達になっておきます。

なぜか自分の環境では、ブロック設定してありました。


導入手順3 - ラズパイ上での実装

最後にラズパイ上での操作です。

まずはLINE連携で使用するライブラリをインストールします。

$ pip install requests


次にline.pyなど適切なpythonファイルを作成し、以下を記載します。
メモしたトークンには発行したLINEトークンを記載します。

import requests

line_notify_token = 'メモしたトークン'
line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
message = 'メッセージ'

payload = {'message': message}
headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}
line_notify = requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers)


以上で準備完了です。
最後にラズパイからpythonファイルを実行します。

$ python line.py


エラーなければ、すぐにLINE Notifyから自分のLINEアカウントにメッセージが届きました。


今回は以上です。