目的

ラズパイにカメラを接続して撮影したいと思います。


カメラモジュールの設置

カメラモジュール(以降カメラ)が無いと始まりませんので、購入します。
Amazonやら、東京なら秋月電子通商などのリアル店舗で購入します。
公式だと安心ですが、少し高いですし、性能は普通だと思います。
非公式だと安いですが、性能がダメなのも多く、そういう意味で公式安心です。

購入したら、ラズパイにカメラモジュールを設置します。




カメラ設定

以降はラズパイでの作業です。

以下コマンドで、カメラを使用する設定を行います。

$ sudo raspi-config
Interfacing Options
> Camera



これでカメラが利用できるようになりました。

試しに以下のラズパイコマンドで撮影してみます。

$ raspistill  -w 1920 -h 1080 -o ./camera.jpg


部屋の電気とコップ、天井を移しました。


次に前回導入したPythonのOpenCVライブラリを使って、撮影してみたいと思います。
ラズパイの適切なディレクトリにて
以下コマンドでpythonファイル(camera.py)を作ります。

$ vi camera.py 

ファイルの中身は以下を記載しました。

import cv2

# カメラのキャプチャ
cap = cv2.VideoCapture(0)

# フレームを取得
ret, frame = cap.read()

# フレーム結果をimage保存 
cv2.imwrite("./image.JPG", frame)

以下コマンドで作成したcamera.pyを実行します。
エラーが表示されなければ成功です。

$ python camera.py 

pythonファイル実行でも撮影ができました。


今回は以上です。