目的

RaspberryPi(ラズベリーパイ :以降ラズパイ)に
RaspbianOSをインストールして、ログインするまでのメモです。

用意するもの

  • PC(自分の場合は、iMac)
  • ラズパイ(自分の場合は、ラズパイ3 Model B)
  • microSDカード
  • SDカード変換アダプター
  • 電源ケーブル
  • LANケーブル

を準備しました。

注意点があり、
iMacにはLANボートついているので、そのままLAN接続できます。
また、SDカードスロットもあります。

上記2つをPCに直接接続できない方は変換器も追加で必要です。

OSダウンロード

Raspbian
上記公式サイトより、OSイメージをPC(Mac)にダウンロードします。

OSデータ
Raspbian Stretch with desktop and recommended software
Version:September 2019
Release date:2019-09-26
Kernel version:4.19
Size:2541 MB

をZip形式でダウンロードしました。
サイズが2Gほどあり、重いです。

解凍すると、イメージファイルになります。

イメージ
2019-09-26-raspbian-buster-full.img

イメージ書き込み・インストール

イメージファイルを手に入れたら、それをmicroSDに書き込む作業です。

SDカード変換アダプターにmicroSDカードを挿し込んで、PCに接続します。

イメージをmicroSDカードに書き込むツール
Etcher
を使用してmicroSDカードに書き込みます。

このツールの使い勝手としては、
いちいち書き込みコマンド調べなくて良く、万一で関係ないDiskをフォーマットしてしまうような可能性も減らせます。
かなり良いです!

ssh設定

イメージ書き込み後、
microSDカードはそのままPCに接続したままにして、ssh接続の許可設定を行います。

FinderでmicroSDカードを選択し、
ディレクトリトップに「ssh」という名称のディレクトリを作成します。
sshディレクトリ配下は空で良いです。

これで、ssh接続許可は完了です。

ラズパイ起動

準備が整ったので、ラズパイを起動します。
まず、
microSDカード(SDカード変換アダプターから外して)をラズパイに挿します。
次に、PCとラズパイをLANケーブルで接続します。
そして、ラズパイを電源ケーブルに接続して、起動させます。

ラズパイのランプが点滅・点灯すれば起動したことになります。

ラズパイにログイン

PCのターミナルよりラズパイにssh接続します。

ユーザ名:pi
パスワード:raspberry

が初期設定値です。

ターミナルで

$ ssh pi@raspberrypi.local

と入力後

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? 
-> yes
pi@raspberrypi.local's password: 
-> raspberry

と入力していき、ラズパイにログインできていることを確認します。

今回は以上です。