目的

ラズパイOSである、Raspbianイメージを
コマンドを使って、microSDカードに書き込む(インストール)する方法のメモです。

参照サイト

~Sound Life~ Raspberry Pi に RaspbianをインストールしてSSHで接続するまで

環境

  • MacOS
  • microSDカード : 128G

コマンドを使う意義

イメージを書き込む場合は、以下の記事にも書きましたが、
Etcherというツールを使うのが大変便利です。

なので、わざわざコマンドを使う必要ないのでは!?

となるのですが、Etcher の弱点を発見してしまいました。

というのも先日、新規にラズパイmodel Bを購入しました。

その際に、microSDカードも新規購入で、128GBという大容量 を選びました。
それで、そのmicroSDカードにEtcher でOSを書き込もうとすると、なんとエラーになって書き込みできません。

ということで、コマンドでイメージ書き込みと行いたいと思います。

書き込みコマンド

Macでの操作となります。
MacとmicroSDカードを接続します。
microSDはフォーマットしておきます。

認識パスの確認

ターミナルより、以下コマンドを入力して、microSDカードの認識パスを確認します。

認識パスの確認
$ diskutil list

↓出力結果

/dev/disk3 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *127.9 GB   disk3
   1:               Windows_NTFS boot                    127.8 GB   disk3s1

FDiskという記載があると思いますので、そのパス /dev/disk3disk3s1 をメモしておきます。

環境によって違うかもしれませんが、
/dev/disk0~1や2まではMac本体関連の情報である可能性があり、今回は関係ありません。
間違えて指定しないようにご注意ください。
そのため、 SDカードのサイズも一致していることなども確認します。

アンマウント

必要でないかもしれませんが、書き込みコマンドが実行出来ないときがあるということで、
以下コマンドでアンマウントを行います。

アンマウント
$ sudo diskutil umount /dev/disk3s1
$ sudo diskutil unmountDisk /dev/disk3

イメージ書き込み

そして、以下コマンドで、イメージを書き込みます。
コマンド中にて、先程調べたパスにr を付けていますが、付けたほうが実行速度が上がるようです。
付けなくても、実行できます。

イメージ書き込み
$ sudo dd bs=1m if='イメージファイル' of='パスにrを付ける')
$ sudo dd bs=1m if=./2019-09-26-raspbian-buster-full.img of=/dev/rdisk3

↓出力結果

...records in
...records out
XX bytes transferred in YY secs (ZZ bytes/sec)

コマンドは以上です。

動作確認

ラズパイにmicroSDカードを入れて、うまく起動すれば完了となります。

購入したSDカードについて

今回使ったmicroSDカードですが、Team社の128GBを利用しました。

Amazonですと、1500円~1800円ほどで売っており、他のmicroSDと比べても破格の安さです。

  • ラズパイは利用できるmicroSDカードに制限があったり
  • 大容量のものでの使用報告がなかったり
  • ましてや、こんな安い物

などが理由で不安がありますが、

私が購入した同商品は、今の所問題なく利用できています。

メモは以上です。