目的

ラズパイ3 modelBを買いました。
新しいことやりたいと思います!
なぜ、ラズパイ4を買わなかったのかの理由も軽く書きます。

参照サイト

DESIGN SPARK ラズパイ4の購入時の注意点

敢えてラズパイ3を買いました

2019年6月ごろヨーロッパを中心にRaspberry Pi 4 modelBがリリースされていたのですが、
日本では技適を理由に発売が送れていました。
そしてついに
2019年11月末に日本でもリリースとなりましたが。

私はあえて ラズパイ3を購入しました。
ラズパイ4は性能がかなり向上されている代わりに、それなりのデメリットも存在しています。

特に私のように、
ラズパイ3で使ってた周辺機器を、そのままラズパイ4で流用しようとしている人 には注意です。

ラズパイ4のデメリット

ラズパイ4の目玉はスペック向上とのことですが、
意外なことにデメリットもそれなりにありまして、以下に述べます。
参照サイトを参考にしています。

  • 発熱対応が必要
     これがかなり言われていますが、結構発熱するそうです。
     それで、ヒートシンクなどの対応が必要とのこと。
  • 電源ケーブルがUSB-Cになった
     今までのUSB Micro-Bが流用できません。
     USB-Cを持っていない方は買い直しです。
  • HDMI端子からマイクロHDMI端子になった。  今まではMDMIから変更になって、
     ラズパイZeroと同じマイクロHDMIになっています。
  • ケースもラズパイ3から変わった。
     上記端子類が変更になったので、ケースもラズパイ4用のが必要です。
     一応、以前のケースでも切ったりすれば使えるようです。
  • 値段が高い
     7500円ほどします。高いです。
     ラズパイ3は4500〜5000円ほど。

と、なかなかデメリット多いです。
ラズパイ4を購入しようと思っていたのですが、一番のネックは値段です。
少し壊れそうなことで使いたいと思ったため、少しでも値段を意識しました。

そもそもラズパイ3の日本価格もボッタクリなんですがね。

ラズパイ3と4で値段変わらなかったら、4を買ってました。
マイクロHDMIケーブル持ってますし、ケースはもともと購入予定だったので。

ラズパイケースの紹介

今更ラズパイ3 modelBの紹介はしませんが、
同時に買ったラズパイ3のケースが結構カッコよかったので、載せておきます。
実店舗で購入したのですが、1500円ほどでした。


↓この上から蓋をはめます。

↓かなりぴったりに作られていて、はめるときがキツイです。

↓滑り止め付き!

↓ロゴがいいですね。

LABISTS Raspberry Pi 3 Model b+ ラズベリーパイ 3 b+ MicroSDHCカード32G/NOOBSシステムプリインストール/カードリーダ /5V/3A スイッチ付電源/高品質HDMIケーブルライン/ヒートシンク/簡単に取り付けケース/日本語取扱説明書/24ヶ月保証

ただ、このケース一つ弱点がありました。。

電源ランプが確認できません!!
それが特に気にならない方はオススメだと思います。
このケース単体はAmazonとかではさがせず、実店舗でないと売ってないかもしれません。