目的

iOSアプリでカスタムViewを轟速で作るためのメモです。
超速 → 爆速 → 轟速
爆速よりも速い、轟速で作りたいと思います。

環境

  • Xcode 11
  • iOS12.4

カスタムView

まず、カスタムView用のswiftファイルを作製します。
CustomView.swiftとして、以下のように作成しました。

CustomView.swift
import UIKit

class CustomView: UIView {
    
    @IBOutlet weak var label: UILabel!
    
    override init(frame: CGRect){
        super.init(frame: frame)
        initView()
    }
    
    required init(coder aDecoder: NSCoder) {
        super.init(coder: aDecoder)!
        initView()
    }
    
    func initView(){

    }
    
    func labelModify() {
         label.text = "aiueo"
    }
    
    @IBAction func actionCloseView(_ sender: Any) {
        self.removeFromSuperview()
    }
    
}

CustomViewのレイアウトは、Xibファイルとして、以下のようにしました。

viewとファイルを直接つなげます。

ちなみに、File’s Ownerは特に何もしていません。

カスタムViewの呼び出し方

ViewControllerなどから呼び出す方法は以下です。

ViewController.swift
let customView = Bundle.main.loadNibNamed("CustomView", owner: self, options: nil)?.first as! CustomView
customView.frame = CGRect(x: 50, y: 200, width: self.view.frame.width - 100, height: self.view.frame.height - 400)
self.view.addSubview(customView)
customView.labelModify()

今回はボタンをタップしたら上記を呼び出すようにしました。

挙動

動きは以下です。

轟速で作れました。(^o^)
メモは以上です。

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus