目的

surface goを購入しまして、
ダメなところとしてキーボード入力がやりづらいという点をあげたというのが前回。

今回はそのキーボードの入力について、いくつか試してみたので、
その方法を公開したいと思います。


sufface go 英字キーボード

こちらは前回購入したキーボードです。

普段はMacで日本語キーボードを使用しているのですが、なんで英字にしたかというと

  • 英字キーボード良い!配置最高!見た目キレイ!
  • 日本語の変換はツール使えばOK

という記事を見て、なるほどと思ったからです。

ただ、結果として、自分としては英字キーボードは最悪でした。

最高に合わなかったのはEnterキーが小さいです。
そして、スペースキーが無駄にでかいです。

一つ補足したいのが、
これはsurfaceのキーボードがダメということではなく
例えば、Macの英字キーボードもほぼ同様の形状となっています。

自分には英字キーボードは合わないと思いました。


Apple Mac用 ワイヤレスキーボード

なんでストレスになるか考えると、やはり普段使いのMacキーボードと違うということです。

ということで、Macキーボードそのものを持ち歩きました。
幸いにもワイヤレスキーボードを2つ持っていたので。
ただ、これは2日しか持ちませんでした。

デカい!!
そして、重いでsurfaceの軽さの魅力が無くなります。
一応、使えましたが、カバー無しで持ち歩くので、キーボードが壊れそうな感覚もありました。
だめです!


sufface go 日本語キーボード

結局、日本語キーボードを買いなおしました。
大損です!!!!!!!!
(英数キーボードは売却しようと思います。)

それで、今はこの方式に落ち着いています。

Enterは大きいほうが幸せです。

IMEのプロパティやAutoHotkeyというツールを使って
無変換と変換キー、AltにIME ON/OFFを割り当てています。


キーボード探しの旅としては以上です。

私は結局surface goの日本簿キーボードに落ち着きました。
同じ思いの方に参考になれば。